サイトマップ

円を使ったスクリーンセーバーもどき

はじめに

 このページの内容及び、ダウンロードしたものは無保証です。一切の責任を作成者は負いません。自己責任で利用してください。また、サポートも一切行いません。as is でお願いします。

円を使ったスクリーンセーバーもどき

bounce

 SDL2 を使って、延々と円がバウンドするスクリーンセーバーもどきです。GPiCASE でも使えます。

 ソースは、試しに作ったものなので、整理されていませんが、ご自由にお使いください。

 添付の実行ファイルは Raspberry Pi 用です。実行するには sdl2 が必要です。入っていなければ、以下のパッケージをインストールしてください。

$ sudo apt-get install libsdl2-2.0-0 libsdl2-mixer-2.0-0 libsdl2-ttf-2.0-0

コンパイル

 コンパイルするには、SDL2 の環境が必要です。開発用のライブラリのインストールは以下のようになります。

$ sudo apt-get install libsdl2-dev libsdl2-mixer-dev libsdl2-ttf-dev

 以下のようにして、コンパイル、インストールできます。インストール先は、/home/pi/bin です。

$ mkdir bounce $ cd bounce $ wget -O bounce-211009.tar.gz "https://sirius10.net/Download/download.php?download=bounce-211009.tar.gz" $ tar xvfz bounce-211009.tar.gz $ make $ make install

使い方

 スクリーンセーバーもどきなので、なにかキーを押すか、マウスを動かすと終了します。GPiCASE のボタンに対応しているので、GPiCASE では何かボタンを押すと終了します。

 -nt オプションを付けると時刻表示をしないようにして、オシロスコープらしさが増します。

 デスクトップで動かす場合、-fs オプションを付けると、フルスクリーンで起動します。

GPiCASE で動かす

 次のファイルを作成します。

~/RetroPie/roms/ports/bounce.sh

#!/bin/bash "/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh" 0 _PORT_ "Bounce" ""

/opt/retropie/configs/ports/Bounce/emulators.cfg

Bounce = "pushd /home/pi/bin; /home/pi/bin/bounce; popd" default = "Bounce"

 GPiCASE で ONScripter も参考にしてください。

免責

 このプログラムを使ったことによる一切の責任を sirius は負いません。使用は自己責任でお願いします。

著作権

 本プログラムの著作権は sirius(https://sirius10.net) にありますが、本プログラムの著作権は主張いたしません。

保証

 無保証です。

更新履歴

日本語でのみご利用いただけます。その他の言語では対応いたしかねます。
Only available in Japanese language. We cannot support it in other languages.