サイトマップ

RTL-SDR 用 FM ラジオフロントエンド

Fm_Radio
 RTL-SDR を使って FM ラジオを受信するための tcl/tk スクリプトです。
 tcl/tk, sdr, sox が必要です。
 ・プリセット受信
 ・音量の調整
 ・受信ゲインの調整
 ・周波数を指定しての選局
ができます。
 動作確認は、Raspberry Pi OS で確認しています。 一般的な linux で動くと思います。
[設定]
 まず、コマンドラインで sdr, play が動くことが前提です。
 次のようにして選局できることを確認してください。 82.5M は受信する周波数です。
$ rtl_fm -g 0 -f 82.5M -Mfm -s 2000000 -f 48000 -E deemp | play -q -t raw -r 48000 -e s -b 16 -c 1 -
 受信できたら、スクリプトを環境に合わせて書き換えます。
 まず、1 行目の wish のパスを環境に合わせて書き換えてください。
$ which wish
 とすると wish のフルパスがわかるはずです。
 次に、プリセット周波数(変数 channel) と局名(変数 ch_name) を地域に合わせて書き換えてください。足りなければ、channel(3), ch_name(3) というふうに追加してください。必ず連番にしてください。
 あとは、初期値なので、使っていく中で調整してください。
 実行は、
$ wish FM_Radio.tcl
または、実行権を付け、パスの通った場所に置いて、
$ FM_Radio.tcl
で実行します。当然、X-Window が必要です。
 周波数を変えたり、ゲイン、音量を変えたときに変更を反映させるには、 選局ボタンをクリックしてください。
[免責]
 このスクリプトを使ったことによる一切の責任を sirius は負いません。
 使用は自己責任でお願いします。
[著作権]
 一切主張しません。この程度のスクリプトは、 ある程度知識があればかけます。
 個人利用では、一切制限をかけません。
 商用利用する場合は、sirius のサイトアドレス(https://sirius10.net) を明記していただければ十分です。連絡の必要もありません。
[保証]
 無保証です。
[その他]
 スクリプトに埋め込んだアプリケーションアイコン画像は、 Icon rainbow からダウンロードし、 加工したものです。
[更新履歴]

日本語でのみご利用いただけます。その他の言語では対応いたしかねます。
Only available in Japanese language. We cannot support it in other languages.