Sirius

2006年12月23日(土) 13:51

Acer Power1000 にWindowsXP Proをインストールする

モニタメーカーだと思っていた Acer がパソコンも売っているのをはじめて知りました。しかもデスクトップとは思えないコンパクトさ。
AcerPower1000
60 (H) x 250 (W) x 200 (D) mm というコンパクトさと 6 万円という価格に気がつくとポチッとしていました。昨日届きました。

う〜〜ん。実物見ても本当にちっちゃい。これで DOS/V 6 台目・・・。趣味というよりもう病気の部類に入りそう。

AcerPower1000(以下 AP1000 と略します) は、そのコンパクトさと引き換えに拡張は USB のみでIEEE1394 もついていない。一応、現在で必要なものはついているが、メインマシンとして長く使えるものではないと思う。
じゃあ、何で買ったかというと、前に買った VAIO の typeU が TV 出力できるので、メディアプレーヤー代わりに使っている。普通の Windows XP なので、コーデックさえインストールすれば、x264 とかも再生できる。ネットワーク経由で ISO も再生できる。この便利さは一度慣れるとなかなか離れられない。しかし、もともと typeU は寝転んで使ったり、出先で使ったりするものなので、据え置きで使うのはもったいない。そのために、どこにでも置けてそれなりの性能のパソコンが欲しくなった。というのが購入理由。

まあ、性能は今のパソコンなら問題ないし、値段とコンパクトさで気づいたらポチッとしてたんだけど。

で、とりあえず、バックアップ用の DVD-R も作ったし、プリインストールされている XP Home だとリモートデスクトップも使えないので XP Pro に入れ替えます。
(XP Home に上書きしてもいいんですが、そういうのは好きじゃないのと、プレインストールされているソフトウェアはほとんど必要ないのでクリーンインストールにしました。)
手順
1、C ドライブの drv フォルダをバックアップ。
2、BIOS で CD-ROM から起動できるように設定。
3、XP Pro をクリーンインストール
4、多分、chipset 関係と思われる バックアップ DVD にある \PATCH\ET2\CPU の setup.exe を実行。再起動。
5、1 でバックアップしていた drv フォルダ内の vga0 フォルダの setup.exe を実行してディスプレイドライバをインストール
6、デバイスマネージャを見ると、不明なデバイスが 3 つあるのでそのドライバをインストール。

6 の不明なデバイスにはまりました。Acer の HP を見ても、AP1000 用のドライバは見つかりませんでした。そこで、バックアップ DVD を使って XP Home に戻してデバイスマネージャを見ました。
XP Pro に無くて XP Home にあるデバイスも 3 つ。
NVIDIA Network Enumerator
RealTek High Definition Audio
NVIDIA nFoce Networking Controler

このドライバをさがします。Acer の HP で AP1000 の chipset が nFoce 430 MPC であることを確認し、NVIDIA の HP から、nFoce 430/410 用のドライバをダウンロード。次に RealTek の HP からドライバをダウンロード。この二つのドライバを USB メモリにいれ、AP1000 にインストール。
nFoce ドライバのインストールでは、raid を使うことは無いので IDE ドライバはインストールしません。また、Network Management Tools もインストールしません。

これで、不明なデバイスも無くなりました。しばらくこのまま使用して問題が無ければパーティションを切りなおし完全に XP Pro にしてしまいます。

次はメディアプレーヤー用の設定とソフトのインストールですが、それはまた後日。

written by sirius [AcerPower1000] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨