Sirius

<< 前のページ

2008年7月21日(月) 23:00

DPS702 壊れた

久しぶりにデジタルフォトスタンドをつけてみたら液晶が異常に白っぽく表示されていました。画質調整で明るさやコントラストを変えても視聴に耐える品質ではありません。買ってから二ヶ月たっていません。安物買いの銭うしない。失敗しました。でも、動画の再生できるこのサイズの商品は欲しいので、Transcend のT.photo 720 を買おうかと思案中です。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年5月24日(土) 14:13

デジタルフォトスタンドを使ってみる

またまた、久しぶりの更新です。

exemode のデジタルフォトスタンド DPS702を買って見ました。
別に写真を飾るとかという目的ではなく、動画や MP3 の再生ができるので面白そうだったのと、価格が 1万円を切っていたので自分用のおもちゃとして買いました。
クロック表示
デジタル時計にしたところ。

メニュー画面
メニュー画面。

写真表示
サンプルの写真。

上部
上部のボタン類。一番右が USB。その隣の青いのは SDHD をさした状態。

クロック表示
USB から給電するスピーカーをつなげたところ。

詳しくは製品の HP を見てください。

使ってみての感想は、解像度が横 480 のワイド画面なので、それなりかと。以前購入したポータブル DVD プレーヤーのD-force V1 と大して変わりありません。
ファイル選択画面も日本語が使えないなどあくまでも動画再生はおまけなのでしょう。リモコンがついているので離れていてもファイル選択できるのは便利でした。
自分で変換した 解像度 640x360、音声 MP3 の DivX 形式の avi ファイル(50 分で 500MB 位)が再生できました。内臓メモリが 8MB なので、USB メモリか SD 等に動画を置いて再生します。4:3 の動画もちゃんと比率を保持して表示するので横に伸ばされることはありません。
USB メモリは、16GB が認識しました。(D-force V1 でも OK です)そして、製品仕様では SD 2GB までとなっていましたが、Trancesend の SDHC 16GB が難なく認識しました!これはポイントが高いです。(Photo Fast の 4GB はダメでした)
すべての SDHC が使えるかどうか分かりませんが、自分的には評価が高いです。ただ、PC とつなぐことはできません。PC と USB でつなげてデータをコピーできればいちいち SD を入れ替えしなくてもいいんですが。

内臓スピーカーは、ダイナミックレンジも周波数も狭い感じであくまでおまけです。ヘッドホンジャックがあるので外部スピーカーで聞くのがいいです。

あとは、使わないときはデジタル時計代わりに時計表示にしておくのがよいかと。ただし、時計の精度はあまりよくないようです。
バッテリーはついていないので常に AC アダプターをつなげておかないと使えません。ただし、時計はバックアップされているようでコンセントから抜いて移動させても大丈夫なようです。

もっとも、画面の精細さは Sony の CP1 に負けますが、CP1 は値段が値段なので手が出ません。(でもきっとキレイなんだろうな Sony だし)

ブライアン・イーノの「サーズディ・アフタヌーン」という LD を持っているので、これを取り込んで BGV としてこれで流そうかなと思います。
もともと「サーズディ・アフタヌーン」は環境ビデオなので目的にぴったりです。

環境ビデオといえば、フィリップグラスの音楽を使った ゴッドフリー・レジオ監督の「コヤニスカッツィ」とかもあるんですが、こちらはもともとは映画です。といっても普通の映画でもなく、記録映画でもなく、強いて分類すると映像と音楽で見せるので環境ビデオに分類されるかと。
実際、コヤニスカッツィが国内で公開されたときは、そういった特殊な扱いで、一部で評判になったのみでした。わたしはフィリップ。グラスのファンなので LD も DVD も持っています。このコヤニスカッツィは三部作で、「ポワカッツィ」、「ナコイカッツィ」と続きます。当然全部持っています。これらも DPS702 で流すようにしようかな。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年2月19日(火) 00:01

ノートの動画を TV 出力

BUFFALO のノートパソコンから動画を TV 出力する PC カード TV-CB を買ってみました。

フラッシュビデオは見れませんがメディアプレーヤーで再生されるものは出力可能です。Yahoo! 動画も TV 出力できます。画質は、…。パソコンの画面で見たほうがいいです…。おっきいモニタ買おうかな。
ストリーミングだからというわけではないようで、普通の avi も同じでした。
Pen4 2GHz のノートなので力不足のような気もしますがどうなんでしょうか。箱に戻してしまっておこう…。

流し見するなら十分なんですよ。じっくり見ないでながすだけなら。
GYAO や Yahoo! 動画を TV 画面いっぱいにして見たかったのに…。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年2月15日(金) 10:58

MPIO MG200 に 16GB

MPIO MG200 で PhotoFast の SDHC 8GB が使えましたが、そうなると今度はどの位の容量まで対応しているのか知りたくなりました。仕様上は 8GB までとなっています。メーカーが確認したのが 8GB まででもっと大容量も使えるのではないかと思い、Transcend の SDHC 16GB を買ってみました。

USB リーダーが付いています。(久しぶりに MI-Zaurus MI-E25DC でとってみた。)

試しに PhotoFast の SDHC 8GB を認識しなかった CF アダプタに差してみましたが問題なく読み書きできました。やはり相性なのでしょうか。

PhotoFast を認識できなかった SD/SDHC → CF アダプター。(同時に購入した同じものでは PhotoFast も認識しています。)

PhotoFast の SDHC 8GB。

また書き込み、読み込みに問題ないか確認しました。
SDHC の動作確認が出来たので MG200 に差してみました。問題なく使えるようです。USB 経由でパソコンからの書き込みも大丈夫でした。ただ、システム情報の容量表示が頭の桁が欠けるようで 5GB ほどの表示でした。

USB でパソコンとつなげると、リムーバブルディスクが二つ現れます。
ひとつが内臓しているフラッシュメモリで、もうひとつが MG200 に差した SD/SDHC です。MG200 での再生等ではどちらか一方しか使えませんが、パソコンでは両方使えます。SD/SDHC に音楽や動画データをいれて、内臓のフラッシュにはパソコン用のデータを入れておく様な使い方が出来ます。

さて、16GB が行けるとなると 32GB も試したくなりますが、値段が値段なので安くなるまでは確認できません。

なお、仕様外の使い方になるので自己責任でお願いします。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年2月11日(月) 20:18

MPIO MG200

この前購入した PhotoFast の SDHC8GB の使い道がいまひとつ無いので、MPIO の MG200 を購入しました。
(思えば購入順序が普通と違うこういった買い方をたまにします。初めて組んだ DOS/V も実は増設用に購入した HDD がそのとき使っていたハードで使えなかったので、使えるように一台組んでしまった。)
まあ、Amazon でアウトレットで 5400円だったので。

パッケージ


メニュー画面と右は動画を再生しているところ。
上部に SD スロット。下部にヘッドホンジャックと USB コネクタ、リセットボタンがあります。充電は USB で行います。

SDHC は差したところ使えました。

内臓メモリが 1GB で SD 4GB、SDHC 8GB まで使えますが、内臓と SD/SDHC を同時に使うことは出来ません。
MP3, WMA の再生以外に独自形式の動画の再生、JPEG、テキストの表示が出来ます。ただし、どれかひとつの機能のみで、例えば音楽を再生しながらテキストを表示することは出来ないようです。ディスプレイは 128x128 ピクセルの有機 EL ディスプレイ。

使ってみての感想は次のような感じです。

320Kbps の MP3 を再生した時の音質は、Muvo2FM と同じに感じました。悪くないと思います。
再生はフォルダ内を再生するか全体を再生するかで、それぞれリピートやランダム再生が出来ます。フォルダを階層化出来ますが、再生は MP3 があるフォルダのみ。複数のフォルダをまとめたフォルダがあっても、単独のフォルダを再生するか、全体を再生するかの二つしかありません。この辺は Muvo2FM の方が賢いと思います。

MP3 はそのままコピーして再生出来ますが、動画が独自形式なので変換しないと再生出来ません。
4:3 の動画は 128x96 に変換するとアスペクト比を保てます。
ワイドの動画はどうやってもアスペクト比は保てませんでした。
音は Good を選択しても時々ビットレートが足りないとはっきりわかります。
24 分の動画の変換にだいたい 6 分弱。サイズは 50M 強。
画質は解像度なりです。320x240 の携帯に比べ悪いです。それでも個人的には我慢してもいいかなという感じです。
有機 EL ディスプレイは明るく感じるし、発色もいいと思います。

テキストの表示は、青空文庫形式のテキストで 300KB のデータを表示できたので、簡易的なブックリーダとしても使えそうですが、しおりが挟めないのが痛いです。毎回ファイルの先頭から表示されてします。また、コードは Unicode じゃないとだめだし、青空文庫のルビには対応していないのでルビを削除しないと読む気になりません。Unicode にはメモ帳でも変換できますが、ルビの削除は正規表現で置き換え出来るエディタがないと難しいと思います。

首からぶら下げてもそれほど重く感じないし、邪魔にもなりませんが、やはり胸ポケットに入れておきたい感じです。

ヘッドホンジャックが下にありますが、動画を見るときは、この方がしっくり来ると思いました。
四方向の○ボタンが二つあり操作に慣れるまではちょっと使いづらいです。ポケットに入れたままの操作は多分無理。
ファームウエアのアップデートがサポートされています。(今のところアップデートされたファームウェアはない)

PDA に比べれば動画の再生やテキストの表示は当然劣ります。が、MP3 プレーヤーとして常に携帯し、万が一 PDA を忘れたときの時間つぶしに利用できるんじゃないかと思います。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年2月6日(水) 19:52

SDHC8GB 購入

PhotoFast の SDHC 8GB を購入してみました。といっても、SDHC 対応機器は持っていません。Zaurus や Netbook Pro、D-FORCE V1 にさしたらどうなるかと思って試しに購入。
もし、使えなくても、USBアダプタは持っているので USB メモリとしての使い道はあります。
同時に、SD/SDHC/MMC を CF へ変換するアダプタも購入しておきました。さらに、ChoiceOnly の CF 8GB と 16GB も同時購入。

届いたのでいろいろ試してみました。
残念ながら SDHC 8GB は結局、Zaurus でも Netbook Pro でも D-FOCE V1 でも使えませんでした。
SUNDISK の MicroSDHC 6GB についてきた USB アダプタでは認識しました。
不思議なのが、同じ CF への変換アダプタを二つ買ったのですが、片方は認識してもう一方は認識しないことです。認識しないほうも SD 4GB や MicroSDHC 6GB は認識するので不良品というわけでもありません。これって相性ってことになるんでしょうか。

SDHC 8GB も CF の 8GB、16GB も、それぞれいっぱいまで書き込んで読み出しの儀式は済みましたので不良品は無いようです。ChoisOnly の CF は初めて使うのですが、安いときにもう少し買ってみようかなと思います。(インターネットでは使えなくなったという話もあるので様子を見てみないとだめですが)

ちなみに、CF は 80 倍速、SDHC は class6 です。書き込んだ感じではSDHC の方がかなり早く感じました。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年1月29日(火) 00:06

DVD-Rのリペアに挑戦

昔の DVD-R が読めなくなったので、新品のDVDのドライブを購入しました。PIONEER の DVR-115 です。
まだ全部読んだわけではありませんがいくらかは読めるようです。早いうちに読めるものはデータを吸い出そうと思います。

どうしても復活させたい DVD-R があったので、リペアを試みました。
元データが 8mm のデータテープにあるのと、今は外してしまった Perception というビデオ入出力ボード用のデータなので出来れば復活させたかったのです。
TwoTop で約 3000 円の読み取り面を研磨するタイプを購入しました。

黄色の円盤が修復用。

AC 電源で自動で研磨するタイプです。

二つのピンク色のが研磨する円盤です。


研磨中。

研磨後に修復用の円盤に交換し、修復用の液を使って同様に修復します。

一度目だめ。
二度目だめ。
三度目………、だめ…。

研磨前よりは読みだせるデータは多くなりましたが最後までは読めませんでした。軽度なら読めたんでしょうが。

研磨後は読み取り面に細かな傷がつきますが、読み取りに問題ない程度のようです。深めの傷には効果がありそうですが、読めるようになったら即吸い出さないと不安です。このリペアは最後の手段でしょうね。

今回はリペアに失敗しましたが、場合によっては成功しそうな感じです。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年1月26日(土) 20:36

D-force V1

7 インチのワイド液晶ディスプレイ付きのポータブル DVD プレーヤー、D-force V1 を買ってみました。TwoTop で約 15,000 円でした。


特徴は、
1、SD メモリや USB メモリが使えること。
2、AV 出力だけでなく AV 入力できること。(端子は共有なので同時には使えない。)
3、DiviX の再生が出来る。

その他、一般的なポータブルプレーヤーと同等な機能(CD, MP3, JPEG の再生等)を持っています。

購入の目的は、隣の部屋に HD-LWG と 地デジチューナーを置いて録画していますが、モニタが 4 インチ液晶の付いたビデオレーコーダ(テープ)しかないので、もう少し大きなものが欲しかったのと、据え置きのテレビは買うつもりが無く、出来れば車で使える DVD プレーヤーが欲しかったことです。ついでに見ようとすれば PSP の UMD VIDEO もつなげて見れること。

使ってみての感想は、
液晶がワイドで、4:3 の切り替えが無いので映像ソースが 4:3 のものが横に引き伸ばされて表示される点がちょっと問題です。しかし、これからの映像ソースはワイドが中心となることを考えれば大きな問題ではないと思います。

また、MP3 や動画再生では、ファイルリスト画面で日本語のファイル名は化けてしまうのと表示される文字数が 8 文字と少ないのであらかじめファイル名は考えてつけないと不便そうでした。

画質は悪くは無いけど飛び切りよいわけでもありません。普通かな。この値段だから特に不満はありません。

SD や USB が使える、DiviX が再生できることは、おまけ程度に考えていましたが、使ってみたら意外と使えるようです。512MB の SD に 解像度 640x360、 約 45 分の動画を DiviX 6.4.3 で圧縮した 500MB 弱の動画をコピーし再生したところまったく問題ありませんでした。
また、PSP 用に変換した動画も拡張子 MP4 のままで再生できました。

今度は USB にいろいろつなげてみました。
Muvo2FM は充電がしっかりしていれば大丈夫。
FAT32 フォーマットの2.5 インチ HDD 30GB は認識せず。
NTFS フォーマットの USB メモリ 16GB は認識するが "ディスクはサポートされていなません。" のメッセージ。
FAT32 フォーマットの USB メモリ 16GB は認識に時間がかかるものの使用可能。
NTFS フォーマットの 1.8 インチHDD はZaurus でも認識した 80GB は "ディスクはサポートされていなません。" のメッセージ。Zaurus でもだめだった 20GB は認識せず。多分 FAT32 フォーマットなら使えそうでした。

2.5 インチは電源容量の関係で使えないようです。
FAT, FAT32 フォーマットで低電源容量で動くようです。1.8 インチがギリギリで、1.8 インチの場合、ケースしだいというところでしょうか。

SD は SDHC に対応していないので手持ちの SD でどこまで使えるか試してみました。最大の 4GB の SD まで OK でした。
SD で 4GB 間で使えるので USB メモリは出っ張るので SD が良いと思います。

内臓のスピーカーはやはり迫力にかける感じなので、外部スピーカーをつけてみました。


Buffalo の電源を USB からとるスピーカーです。内臓スピーカーと大差ない感じのスピーカーですが結構違います。



まあ、家にいるときはあまり使わないと思いますが、旅行に行くときに持っていくのもいいかと思います。

written by sirius [デジモノ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨