Sirius

2008年11月2日(日) 16:38

グラタンにアクセスできなくなってしまった

やってしまった!

グラタンの MTU は、1500 に設定されています。そこで、アクセス速度を上げるためにジャンボフレームを利用してみようと思いました。
調べたところ、/etc/network/interfaces に eth0 の記述があり、ここで MTU が設定できるようでした。
シリアルコンソールをつけていないので、ネットワークがこけたらアクセス不能になってしまう。そんな不安もありましたが、失敗を恐れていたら何も始まらない、玉砕覚悟で書き換えました。標準では
iface eth0 inet dhcp
となっているところに
iface eth0 inet dhcp mtu 9000
としてジャンボフレームの設定を追加しました。一応、手動で ifconfig してみて大丈夫なことは確認しました。
# ifconfig eth0 mtu 9000

さて、再起動。
…。
…。
…。

いくら待ってもネットワークの一覧にでてこないし、ssh もつながりません。やってしまいました。
さてどうするか。とにかく分解して HDD を取り出します。何につなげるか。

そうだ、Terastation なら raid が使えるから設定してやれば raid1 で認識するかもしれない。
そう考えて、内蔵していた 2 台の HDD を USB で Terastation につなげました。sda, sdb で認識しました。
Terastation のコンフィグファイル /etc/mdadm.conf に md2 を追加してスキャン。
…。
見つけられない。しょうがないので、それぞれを単体でマウントし、interfaces ファイルを一度 Terastation の HDD へコピーして MTU の記述を削除、そしてそれぞれの HDD へコピーしました。
これでうまくいくとは思えませんが、raid のリビルドが走るかもしれないと思い、HDD を元に戻し、グラタンを起動。

…。あれ、リビルドなしで動いちゃった。interfaces ファイルを書き換えたりしてもエラーになりません。ま、動いているからいいか。何回か再起動しても大丈夫。早いうちにシステムのバックアップをとらなくちゃ。

何とか無事に復旧できたようです。その後、手動で MTU を変えてファイルをコピーしてみましたが、MTU を 7200 にしても、9000 にしても転送速度に違いは感じられませんでした。
くたびれた。

written by sirius [グラタン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨