Sirius

2008年1月14日(月) 23:28

KURO-BOX 総 Flash 化

発熱対策のため、玄箱の内臓 HDD を CF に換装しました。
内臓させたのはこれ

CF を一枚だけ差せるやつです。二枚差せるものも持っていますが、一枚目しか認識しませんでした。
パーティションは次のように切りました。
 Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7996 cylinders
 Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

    Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
 /dev/hda1             1      6756   3404992+  83  Linux
 /dev/hda2          6757      7014    130032   82  Linux swap
 /dev/hda3          7015      7996    494928   83  Linux

本当は二枚差して片方を swap や temp や var に割り当てたかったのですが、一枚だけなのでこうなりました。ときどき外からファイル転送をすることもあるので、その場所は hda3 にしました。
データは、元の HDD をグラタンにつなげてコピーしました。

CF に換装して、玄箱を持ったとき、非常に軽く感じました。今までの重量の半分以上は HDD の重さだったんですね。今度の休みには、止まりがちなファンの交換をしたいと思います。

余った 40GB の HDD は、しばらく様子を見て、CF で問題なければもう一台ある 40GB と合わせて予備のマシンでミラーリングさせようと思います。

written by sirius [玄箱] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨