Sirius

2008年11月10日(月) 00:05

Fedora9 にした後の設定

シリアルコンソールが使えないのはどうやら agetty が動いてないからのようです。
upstart は/etc/event.d 以下をみているようなので、/etc/event.d/ttyS0 を作成してみました。
tty1 をコピーして、tty1 を ttyS0 に変更し、最後の行も /bin/agetty 57600 ttyS0 にしてみたところ、シリアルコンソールにログインプロンプトが出るようになりました。

セカンドサーバにする予定なので NetworkManager が動いていると勝手にネットワークの設定をしてしまうので、停止しました。
ntsysv コマンドを使用して起動時に NetworkManager が動かないように登録を解除しました。
ただ、そのままだと DNS が使えなくなるので /etc/resolv.conf を修正しました。
domain xxx.yyy.jp
nameserver www.xxx.yyy.zzz

ジャンボフレームを使うように MTU の設定を /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 に追加しました。


インストールしているパッケージのアップデートをしておきます。
yum -y update

セカンド DNS サーバとしたいので bind をインストール。設定ファイルはメインのサーバからコピーして必要箇所を修正。

Samba をインストールしましたがユーザの設定がうまくいかなかったので、swat からユーザを追加しました。

swat の有効化は、/etc/xinetd.d/swat を以下のように修正しました。
service swat
{
    port = 901
    socket_type = stream
    wait = no
    only_from = 127.0.0.1
    only_from = 192.168.1.0 ← 追加(内部ネットワークアドレス)
    user = root
    server = /usr/sbin/swat
    log_on_failure += USERID
    disable = yes
    ↓
    disable = no ← noへ変更
}
これで http://サーバ:901/ で swat のページが開けます。

あと、kernel のコンパイルで menuconfig が使えるように ncurses を入れました。

システムのバックアップを rsync を利用して USB でつなげた HDD にとりますが、バックアップ時以外はスタンバイするように sdparm をインストールしました。
起動時にすぐスタンバイするように sdparm --command=stop /dev/sda を /etc/init.d/rc.local に追加しました。

written by sirius [玄箱] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『Fedora9以前に・・・』

現在Fedora7までいれることは成功しているのですが、8に上げることができません。

正確には8にアップグレードすることは成功しているのですが、reboot後sshで接続し、一定時間経つと接続が突然切れます。pingを打っても返事が返ってこないので何か問題があるとは思うのですが何かアドバイスを頂けたらと思います。

何とか9まで上げてみるのが願いです。

written by てつ

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨