Sirius

2007年1月20日(土) 00:34

LS-GL のHDDの換装(2)

起動不能にしてしまった、LS-GL。
Terastation に HDD をつないでみたら sda2 のファイルシステムが壊れているようでした。Terastation でファイルシステムを作り直すと緊急モードで LS-GL が起動しました。
標準ファームでアップデートをしたら、普通どおりに起動するようになりました。

昨日、ファームのアップデートが終了したのに緊急モードでしか起動しなかったのは、hddrootfs.img の作成に失敗していたようです。
hddrootfs.img を解凍すると hddrootfs.buffalo.updated ができるのですが、このファイル名を間違っていました。それでファームが展開できなかったようです。

で、ファイル名を正しくしてデバックモードで強制アップデート。アップデートは "rootfsをアップデートする"、"バージョンチェックをしない"、"強制アップデート"だけチェックしました。
今度は起動しました。

早速、telnet でログインしてみました。

でた〜。ログインプロンプトが出ました。
root でログインっと。

…。へ?。Password ってなに?…。
やっぱり。Terastation と同じようにどっかで書き戻してるな。

admin ではログインできましたが、su や sudo もないし。hddrootfs の作り直しです。
でも、これで root のパスワードさえ何とかできれば、LS-GL をばらさなくても telnet が使えそうです。

written by sirius [/Linkstation] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨