Sirius

2007年1月20日(土) 16:25

initrd を作り変える

LinkStation/玄箱をハックしようを参考に、initrd を作り直して、EM モードでも telnet を使えるようにします。

まず、initrd.img を initrd.img.zip に名前を変えて、hddrootfs.img とは違う某パスワードで解凍。
出てきた initrd.buffalo を玄箱へ持ってきて、

# dd if=initrd.buffalo of=initrd.gz bs=64 skip=1

で initrd.gz を取り出し、解凍します。

# gunzip initrd.gz

これで、initrd ができました。
loop デバイスを使って mount します。

# mount -o loop initrd /mnt/tmp

initrd の内容が /mnt/tmp 以下にありますから、必要なファイルを修正します。telnet はファームの修正と同じです。root のパスワードは shadow の編集で ok です。
アンマウント。圧縮、イメージ作成。

# umount /mnt/tmp
# gzip initrd
# mkimage -A ARM -O Linux -T ramdisk -C gzip -a 0x00000000 -e 0x00000000 -n initrd -d initrd.gz initrd.buffalo

mkimage は一行です。玄箱にはもともと mkimage は入ってませんが、探せばすぐに見つかるでしょう。
後は、zip で固めて出来上がり。

こうして出来上がった initrd を LS-GL へ持っていくなり、initrd.img を使ってファームを更新すれば、EMモードでも telnet が使えます。

written by sirius [/Linkstation] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨