Sirius

2007年1月24日(水) 00:09

開発環境の導入

海外の linkstation wiki に LS-GL の開発環境一式がありました。ただし、まだベータ状態みたいです。
早速導入します。

linkstation wiki から ls-gl-pro-native-toolchain.tar.gz をダウンロードして LS-GL で解凍します。
Downloads -> uploads -> LS_Pro_temporary -> NativeToolchain にあります。

# tar xzvf ls-gl-pro-native-toolchain.tar.gz

release 以下に解凍されますので、その opt をルートに移動します。

# cd release
# tar cf - .|(cd /;tar xvf -)

release 以下はもう削除してかまいません。
もともと、ルートのパーティション (sda2) のサイズは大きくありませんが、全体で 500MB で残りが 200MB 強です。

ログインしたときのパスを追加します。/etc/profile に直接書いてもいいのですが、行儀が悪いので、/etc/profile に次の内容を追加します。

# user profile
if [ -f "$HOME/.profile" ]; then
    . $HOME/.profile
fi

そしてホームディレクトリに .profile を作成します。

PATH=/opt/arm-gnu/buffalo-ls-gl/bin:$PATH
LANG=ja_JP.UTF-8
EDITOR=vi
PAGER=less
TERM=xterm

export LANG PATH EDITOR PAGER TERM

alias ls='ls -FA'
alias rm='rm -i'

$ gcc -v
Using built-in specs.
Configured with: ../../src/gcc-2005q3/configure --prefix=/opt/arm-gnu/buffalo-ls-gl --build=i686-pc-linux-gnu --target=arm-none-linux-gnueabi --host=arm-none-linux-gnueabi --enable-languages=c,c++
Thread model: posix
gcc version 3.4.4 (release) (CodeSourcery ARM 2005q3-2)

じゃ、早速
$ vi hello.c

int main(int argc, char *argv[])
{
    printf("Hellow LS-GL.\n");
    return 0;
}

$ gcc -o hello hello.c
$ hello
Hellow LS-GL.

OK。

と思ったのですが、LS-GL には一切ヘッダファイルが置いてありません。LS-GL のソースから持ってくるしかないみたいです。
なかなか終わらない。

written by sirius [/Linkstation] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨