Sirius

2007年1月26日(金) 00:36

make の作成

さて、make を何とかしないといけません。以前、HD-LWG のときに telnet を Debien から持ってきたのを思い出し、Debien のパッケージを探しました。arm 用の make もありましたが、glibc のバージョンが合わず動きません。

じゃあ、クロスコンパイルをしようと、設定したのですがうまくいかず、10 分で挫折。(オイッ!)

そのとき、まちがえてパスの設定を変更せずに PC で動く make をコンパイルしてしまいました。
うん?ひょっとして…!
このときの make の出力を見てみよう。


if gcc -DLOCALEDIR=\"/usr/local/share/locale\" -DLIBDIR=\"/usr/local/lib\" -DINCLUDEDIR=\"/usr/local/include\" -DHAVE_CONFIG_H -I. -I. -I. -g -O2 -MT ar.o -MD -MP -MF ".deps/ar.Tpo" -c -o ar.o ar.c; \
        then mv -f ".deps/ar.Tpo" ".deps/ar.Po"; else rm -f ".deps/ar.Tpo"; exit 1; fi
if gcc -DLOCALEDIR=\"/usr/local/share/locale\" -DLIBDIR=\"/usr/local/lib\" -DINCLUDEDIR=\"/usr/local/include\" -DHAVE_CONFIG_H -I. -I. -I. -g -O2 -MT arscan.o -MD -MP -MF ".deps/arscan.Tpo" -c -o arscan.o arscan.c; \
        then mv -f ".deps/arscan.Tpo" ".deps/arscan.Po"; else rm -f ".deps/arscan.Tpo"; exit 1; fi


このコマンドをそのまま LS-GL で実行してやれば…。

% make | tee MAKEOUT

で PC 上でコンパイルして画面出力を MAKEOUT に保存します。余分なメッセージをエディタで削除し、LS-GL に持ってきます。

$ ./configure && sh MAKEOUT

……。できました。いいのか?こんなので。

ちょっと不安なので、出来上がった make をパスの通った場所へ移動しもう一度作ります。

$ make distclean
$ ./configure && make

make distclean は完全にクリーンな状態に戻します。
出来上がりました。サイズを見てみると最初の make が 125740 バイトで二番目の make が 340650 バイトでした。やっぱり何かが違っていたようです。

root になってインストール
# su
# make install

試しにもう一度最初から作り直してみましたが、サイズは同じでした。完了。

written by sirius [/Linkstation] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨