Sirius

2007年2月8日(木) 23:11

ジャンボフレームとOpenSSH

気が付いたら ssh 関連に支障が出てくるようになりました。scp でストールする。ssh でもある程度使うと応答がなくなる。標準ファームでも同じでした。
なので、OpenSSH もインストールします。
openssl-0.9.8d.tar.gz、openssh-4.5.tar.gz を入れます。しかし、openssh-4.5.tar.gz が tar でエラーになり展開できません。
そこで、tar-1.16.tar.gz もインストール。でも展開できない。どうも解凍に失敗しているようなので、zlib もインストールしなおし。
それでも失敗。
え〜〜〜。
zcat openssh-4.5.tar.gz | tar xvf - でも失敗。
ふと気づいて、

# ls -l /bin/gzip
-rwxr-xr-x 3 root root 145635 Jan 27 11:21 /bin/gzip -> busybox*

なぁ〜んだ。busybox なんだ。
gzip-1.3.9.tar.gz をインストール。無事、openssl-0.9.8d.tar.gz、openssh-4.5.tar.gz を展開してインストール。
しかしまだストールする。

???

samba は問題なく使えている。ssh も前は問題なく使えていました。
え〜〜と、何をしたっけ。でも、標準ファームでもだめなんだよな。
気づいたのがイーサネットのフレームサイズをジャンボフレームにしたこと。
玄箱なんかはジャンボフレームを使っていますが問題はありません。だめもとでフレームサイズを元に戻しました。すると、ストールせずに scp 出来ました。転送速度を考えるとジャンボフレームは使いたいところですが、あきらめてデフォルトに戻しました。

written by sirius [/Linkstation] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨