Sirius

2008年1月2日(水) 13:52

SL-C3100 に USB メモリをさしてみた

SL-C3100 の内臓 HDD の換装も無事終わりました。1GB 以上の SD も使えるようになりました。
ついでに USB メモリもさしてみました。自動でマウントされませんが、手動でマウントすれば大丈夫でした。iocharset オプションを付ければ漢字も大丈夫です。(USB メモリは FAT32)。ケーブルは Netbook Pro についてきたケーブルが使えました。

mount -o noatime,iocharset=utf8 /dev/sda1 /usr/mnt.rom/usbstorage

この USB メモリは XP でも HDD 認識するのでパーティションも切れるし、出来れば NTFS でフォーマットしたい。でもスペシャルカーネルじゃないと NTFS が使えないようです。今度標準カーネルのコンパイルに挑戦してみようかな。

さらに手持ちの CF と SD で一番容量の大きいものをつけてシステム情報のスクリーンショットを取りました。
何も入れなくても Fn + Shift + C でスクリーンショットが取れます。CF をつけていると CF のルートの Screen_Files にビットマップファイルで保存されます。

手持ちの最大容量。全部で 41GB (内臓 13G + CF 8G + SD 4G + USB 16G)

なお、手持ちの 1.8inch HDD を USB に変換してつなげてみたら、SL-C3100 がハングアップしてしまいました。VAIO の TypeU では使えるんですが。

written by sirius [りなざう] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『日記コメント、ありがとうございました。』

Zaurus(SL-C1000)を購入して2年目のユーザではありますが、今後も、宜しくお願いします。
私もマウントは手動で、mountusb と umountusb というシェルスクリプトを登録しています。

また、遊びにきます。

written by 天蕎麦

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨