Sirius

2008年1月5日(土) 17:57

swap の設定

SL-C3100 に swap の設定。
内臓に swap を作ったので、起動時に自動で swap を使うように設定します。
まず、/etc/rc.d/init.d/swap という次の内容のファイルを作成し、実行属性をつけます。

#!/bin/sh

# swap on
if
    ! /sbin/swapon /dev/hda4
then
    /sbin/swapon /dev/hdc4
fi

起動時に CF が挿入されていると、CF が hda になって、内臓が hdc になるので、hda4 を swap にしようとして失敗したら hdc4 を swap にします。
次にこのファイルをシンボリックリンクします。

ln -s /etc/rc.d/init.d/swap /etc/rc.d/rc5.d/S50swap

これで自動で swap が追加されます。

written by sirius [りなざう] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨