Sirius

2006年12月30日(土) 19:34

Terastation(HD-HTGL)のLED

Terastation のディスクステータスの LED は、残り 10% を切ると赤くなります。しかし、400GB x 4 で raid5 構成だと、10% でも 110GB 強になります。つまり、あと 100GB 余っていても残容量の警告で LED が赤く点きます。シャットダウンしても点きっぱなしでうるさいです。

この LED のコントロール方法を調べました。

LED を直接コントロールしているのは miconapl というコマンドです。

・POWER LED の on/off
    miconapl -a ledpower green (on/off)
・POWER LED の点滅
    miconapl -a ledpower green blink

・DIAG LED の on/off
    miconapl -a leddiag (on/off)
・DIAG LED の点滅
    miconapl -a leddiag blink

・Disk(1〜4) STATUS/FULL(赤/緑) の on/off
    miconapl -a leddisk (1-4) (red/green) (on/off)
・Disk(1〜4) STATUS/FULL(赤/緑) の点滅
    miconapl -a leddisk (1-4) (red/green) blink

・LINK/ACT(緑/青) の on/off
    miconapl -a ledenet (100/1000) (on/off)
・LINK/ACT(緑/青) の点滅
    miconapl -a ledenet (100/1000) blink

このコマンドを使って LED をコントロールすることができますが、ディスクの容量や状態をチェックしているデーモン (diskmon) が勝手にやるので、ディスクステータスの LED を変更してもすぐに戻ってしまいます。diskmon を止めると本当にディスク障害になったときにわからなくなるから止められません。
diskmon のソースが欲しい。いろいろググリましたが見つかりません。

しょうがないので、ディスクに障害が無いときは、シャットダウン時に赤の LED を消すようにしました。

written by sirius [/Terastation] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨