Sirius

2007年1月25日(木) 01:27

include ファイル

Linkstation wiki のセルフ開発環境の中に入っていなかった include ファイルは、クロスコンパイル環境の中に入っていたものをコピーしました。
arm-gnu.tar.bz2 を展開したときの

arm-gnu/buffalo_ls_gl/sysroot/usr 下の include をすべて /usr/include へコピーしました。

また、それ以外のツール類 (autoconf とか)も必要なので、
automake_autoconf.tgz
coreutils-update.tgz
も入れました。ただし、coreutils-update の中にも su が入っていて、実行属性が正しくないので、展開する際、root を抜けずに続けて su の実行属性を設定しないといけません。

# tar xzvf automake_autoconf.tgz -C /
# tar xzvf coreutils-update.tgz -C /
# chmod u+s /bin/su
# chmod u+s /usr/bin/su

しかし、まだ問題が…。

make が無い!

で、gnu の make をダウンロードし、展開。

# tar xzvf make-3.81.tar.gz
# cd make-3.81
# ./configure



# make
sh: make: command not found

何考えているんだ、自分(鬱
ただ、./configure で問題が出なかったので、後は本当に make だけか。

結局、LS-GL 用の make は探せませんでした。クロスコンパイルするしかないって事です。
はあ〜〜。作業量を考えると…。

続く。

written by sirius [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨