Sirius

2007年6月4日(月) 00:08

WindowsでKURO-RS のコンパイル

KURO-RS はサポート外になるが、Buffalo の PC-OP-RS1 のドライバを入れることで Windows 上でも使えるようです。(ってハードは同じものなんでしょう?)サンプルのソースコードも付属しているので、まずこれをコンパイルしてみたいと思います。

コンパイルには MinGW5.0.0 以降と MSYS-1.0.11.2004.04.30-1 以降が必要ということなので早速インストールしてみました。

MinGW ってはじめて知りました。まず、インストーラをダウンロードして実行します。インストールしてみたところ、Windows 用の GCC のようです。インストーラがインターネットから必要なものをダウンロードしてくれます。パッケージは Current を選び、"MinGW base tools" と "g++ compiler" をインストールします。

次に MSYS をインストールします。Cygwin の最小構成のような感じです。シェルやツール類が入ります。ここでいくつかの質問に答えるだけで MinGW の設定もやってくれるようです。

早速、MSYS を動かしてコンパイルしてみました。

$ make clean
$ make

なんともあっさりコンパイルができ、irremote.exe が出来上がりました。まだ PC-OP-RS1 のドライバを入れていないので動作確認は出来ていません。

written by sirius [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Sirius

MySketch 2.7.2 written by 夕雨