Xkanon(3)

soreconv.tgz が発掘されました。

 Basil のゲームは 「BLESS」 の他に 「21」 と「それは舞い散る桜のように」を持っています。「21」 はコンバータがないため、動かせません。「それは舞い散る桜のように」は、わっふるでも動かしたことがあります。

 Xkanon でも動くようです。早速コンパイルしてみます。

$ ./configure
$ make

 ああ、BLESS on AVG32 でも修正したのと同じエラーですね。修正、修正。

$ make

 おっと、これも同じ、インクルードファイルの追加ですね。修正、修正。

$ make

 あれ、コンパイルできました。

 じゃ、DOSBox-X でインストールね。CD3枚必要です。

 数時間後。
 お、やっとインストールが終わったか。じゃ変換っと。
 えっと README には・・・。あれ、結構なサイズのファイルをコピーします。え、音声のファイルもそのままコピーするの?まあ、書いてあるからそのとおりにしましょう。

 変換します。

$ ./soreconv -i [それ散るのディレクトリ]

 すぐに終わりました。シナリオの変換と画像の変換が 80 枚ほどです。あれ、これ動くのかな。まあ、動かしてみましょう。

$ xayusys-gtk2 –cddev none -path .

 動きました。けどなんか音が一切しません。やっぱり。

$ ./soreconv –help

 うーーん。特にオプションは必要なさそうです。
 ソースを見ます。k オプションをつけると koe.pac を作るようです。ただ、gogo.dll ? Windows 用じゃないのかな?。
 まあいいや、とりあえずやってみましょう。

$ ./soreconv -i [それ散るのディレクトリ] -k

 今度は声の処理をやっています。

$ xayusys-gtk2 –cddev none -path .

 やっぱり音が出ません。あ、ちょっと待って。

$ aoss xayusys-gtk2 –cddev none -path .

 やりました。BGM も声も出ました。あれ?、ひょっとして koe.pac は必要ないかもしれません。

$ rm koe.pac
$ ./soreconv -i [それ散るのディレクトリ]
$ aoss xayusys-gtk2 –cddev none -path .

 問題なし。
 Bless の様にチャットもないから普通に動きそうです。

Xkanon

Posted by sirius