サーバ用Raspberry Pi の設定4

PHP を動かします。(ついでに perlも)

 サーバ上で動的にページを生成する技術を CGI といいます。
 まあ、ブラウザ側で受け取る準備ができていればやり取りするのは web ページじゃなくてもいいんですけど。
 この CGI はサーバ上で動くものなら、バイナリファイルでも問題ないです。もちろんきちんと設定はしなければなりません。
 一般的には、perl とか、PHP、Python など、俗に LAMP 環境の P のことをいいます。別に P で始まらなくてもいいんですけど。
 Raspberry Pi なら Python だと思うますが、自分的には C 言語ライクな PHP を選択したいです。ということで、PHP を動かしていきます。

参考:https://qiita.com/ekzemplaro/items/8cf4749e7d5fbd844e05

ます、インストールして Apache を再起動します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y php php-cli php-xml
$ sudo service apache2 restart

 サイトのディレクトリ内に次の内容のファイルを作成すします。

<?php
   phpinfo();

(2021.06.25 追記 PHP の終了タグ ?> はファイルの途中であれば必要ですが、ファイル末尾の終了タグは書きません。)

 ブラウザでそのファイルの url を表示させれば、いろいろ php の情報が表示されるはずです。確認が終わったらファイルは削除してください。

 php のモジュールは必要に応じてインストールすればいいです。インストールされているモジュールは -m オプションで確認できます。

$ php -m

 ついでなので、perl も動くようにしておきます。
/etc/apache2/mods-enabled/mime.conf に

AddHandler cgi-script .cgi .pl

を追加します。
 Apache のモジュールを有効にして、再起動します。

$ sudo a2enmod cgid
$ sudo systemctl restart apache2

ついでに入れておきます。

$ sudo apt-get install -y libcgi-pm-perl

これで perl の CGI も動くようになりました。

web サイト,サーバ設定

Posted by sirius