サーバ用Raspberry Pi の設定5

データベースをインストールしていきます。

 LAMP 環境の M、データベースをインストールします。
 MySQL なんだけど、MySQL は Oracle の紐付きになっているので使いたくありません。

 もともと MySQL は SUN Microsystems の持ち物でしたが、SUN は Oracle に吸収合併され、MySQL は Oracle の持ち物になりました。

 SUN のワークステーションは憧れでした。仕事で触ったことはありましたが、SUN のワークステーションで開発したことはありませんでした。
 SUN は技術の会社で、様々なハードやソフトを開発して、業界の発展のため、オープンにしていきました。エンジニアの鑑だとおもいます。
 SolarisOS や、VertualBox なども SUN が開発したもで、MySQL を買収しました。
 もともと SUN はオープンソースをよく理解していたため、MySQL の買収は好意的に見られたし、なんの問題もありませんでした。
 SUN に対し Oracle のイメージは良くありません。データベースを開発しているので IT 企業と言えますが自分としてのイメージは、商社に近いです。要は利益優先の企業であると思っています。
 このイメージは自分だけでなく、多くの人が持っていたのだと思います。Oracle が SUN を買収して間もなく、MySQL 互換の MariaDB が開発されました。
 企業としてどちらがいいかといえば、結局 SUN はなくなり、Oracle は生き残っていることが示しています。残念ですが。

 ということで、MariaDB をインストールします。

$ sudo apt-get install -y mariadb-server

 動作確認します。

$ sudo mysql -u root
> use mysql
> show tables;

 システムのテーブル一覧が表示されます。この中の user テーブルにユーザ情報があります。
 user テーブルのフィールドを調べます。

> show fields from user;

 user テーブルのホスト名、ユーザ名とパスワードのフィールドを表示します。

> select Host,User,Password from user;

 root ユーザにパスワードを設定します。

> update user set password=password('パスワード’) where user = 'root’;

 確認します。

> select user,password from user;

 unix_socket が有効だと unix のユーザがそのままデータベースのユーザになってしまいます。例えば、pi ユーザでデータベースの管理ができません。(sudo を付ければ管理できますが)
 unix_socket を無効にします。

> update user set plugin=" where User=’root’;

 抜けます。(exit でも良いです)

> quit

 MariaDB を再起動します。

$ sudo service mysql restart

 sudo を付けなくてもログインできるか確かめます。

$ mysql -u root -p
Enter password:

 パスワードを入力してログインできれば OK です。

> quit

 PHP から使えるように入れておきます。

$ sudo apt-get install -y php-mysql

これで Linux, Apache, MariaDB, PHP の LAMP ができました。

サーバ設定

Posted by sirius