Shift-JIS な zip

Shift-JIS な zip ファイルを展開します。

 昔、Windows で zip にしたファイルを掘ってみようとしたら、unzip が Sift-JIS のままのファイル名でファイルを作ってしまいました。標準のロケールを UTF-8 にしているのでファイル名が文字化けしてしまいます。
 調べると、unzip のオプションで -O をつければいいようなのですが、Raspberry Pi OS ではこのオプションは使えないみたいです。
 unar というコマンドは自動で文字コードを判断してくれるらしいのでこれを使ってみます。

 はじめ、unrar と勘違いして、unrar を使ったら、RAR 形式じゃないと怒られました。

 インストールします。

$ sudo apt-get install -y unar

 まず、zip ファイル内のファイル一覧を表示させようとしましたが、list オプションが unar にはありませんでした。
 man ページを見ると、関連コマンドに lsar というコマンドがあると出ました。
 なるほど、lsar で list 表示して、unar で解凍するようです。
 早速、lsar で確認すると、日本語ファイル名がきちんと表示されました。他のアーカイバコマンドと流儀が違うので戸惑いますが、覚えておきましょう。

 掘っていくと、vair とか vkanon、Xkanon のソースや akane のソース、BLESS on AVG32 とかいろいろ出てきました。まあ、Xkanon と akane はもう動いたからいいんですけど。

Raspberry Pi

Posted by sirius