obs-studio

obs-studio をインストールする。

 USB-HDMI のドングルを試すために、obs-studio をインストールしてみました。

 パッケージはないのでコンパイルしないといけませんが、依存関係で、libfdk-aac もコンパイルしないといけません。以前、リポジトリを追加して、libfdk-aac をインストールしてみましたが、その後、パッケージの不整合が置きて ffmpeg が動かなくなったことがあるので、手動でインストールします。

libfdk-aac のコンパイルとインストール

 github から clone してインストールします。

$ git clone –depth 1 git://github.com/mstorsjo/fdk-aac.git
$ cd fdk-aac
$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make -j4
$ sudo make install
$ cd ..

checkinstall が落ちるので、最新版をインストールする。

$ git clone https://github.com/giuliomoro/checkinstall
$ cd checkinstall
$ sudo make install
$ cd ..

必要なパッケージをインストールする。

 かなりの数のパッケージになりますがインストールします。

$ sudo apt-get install -y \ build-essential \ checkinstall \ cmake \ git \ libmbedtls-dev \ libasound2-dev \ libavcodec-dev \ libavdevice-dev \ libavfilter-dev \ libavformat-dev \ libavutil-dev \ libcurl4-openssl-dev \ libfontconfig-dev \ libfreetype6-dev \ libgl1-mesa-dev \ libjack-jackd2-dev \ libjansson-dev \ libluajit-5.1-dev \ libpulse-dev \ libqt5x11extras5-dev \ libspeexdsp-dev \ libswresample-dev \ libswscale-dev \ libudev-dev \ libv4l-dev \ libvlc-dev \ libx11-dev \ libx264-dev \ libxcb-shm0-dev \ libxcb-xinerama0-dev \ libxcomposite-dev \ libxinerama-dev \ pkg-config \ python3-dev \ qtbase5-dev \ libqt5svg5-dev \ swig \ libxcb-randr0-dev \ libxcb-xfixes0-dev \ libx11-xcb-dev \ libxcb1-dev \ libxss-dev

obs-studio をコンパイルします。

$ git clone –recursive https://github.com/obsproject/obs-studio.git
$ cd obs-studio
$ mkdir build && cd build
$ cmake -DUNIX_STRUCTURE=1 -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local ..
$ make -j4
$ sudo checkinstall –default –pkgname=obs-studio –fstrans=no –backup=no –pkgversion="$(date +%Y%m%d)-git" –deldoc=yes

 実行するには、MESA_GL_VERSION_OVERRIDE=3.3 が必要です。

$ MESA_GL_VERSION_OVERRIDE=3.3 obs

 これで動きました。

Raspberry Pi

Posted by sirius