Raspberry Pi OS のアップデート(8月)

 月が変わったので、Raspberry Pi OS をアップデートしました。kernel のバージョンが上がったので、CDEmu のモジュールのコンパイルが必要だなと思ったのですが、それだけではありませんでした。

HDMI モニタが映らなくなる

 boot 時の画面はちょっとの間だけ出るのですが、その後真っ黒な画面のまま、何も映りません。

デスクトップから console に変える

 ネットワーク越しに、ssh はつながったので、X-Window は動かさずに、console 画面になるように raspi-config で設定して再起動しました。しかし、状況は変わりません。それどころか、起動時に kernel panic を起こすことがあります。何度か電源を入れ直すと、panic にはなりませんが、真っ黒な画面から進みません。

USB ブートしていたので、microSD から起動し直してみる

 microSD はアップデートしていないので、普通に立ち上がりました。ハード的な問題ではありません。しかし、環境が古いので USB ブートに戻します。

boot ローダをデフォルトに切り替える

 raspi-config で、
  -> 6 Advanced Options
   -> A7 Bootloader Version
    -> E2 Default

 再起動しましたが変わりません。

boot ローダを Latest に切り替える

 E1 Latest にして再起動。変わりません。

HDMI の 4Kp60 を無効にする

 raspi-config で設定を見ていったら、HDMI の設定がありました。見ると、4Kp60 が有効になっているようです。無効にしました。
  -> 6 Advanced Options
   -> A8 HDMI / Composite
    -> V3 Default

 これで無事起動できるようになりました。

CDEmu のモジュール

 CDEnu の vhba モジュールを再度コンパイルします。以前の手順通りでコンパイルします。

準備
コンパイル

 再起動しました。大丈夫なようです。

Raspberry Pi

Posted by sirius