ReactOS を試してみる

ReactOS

 wine はうまくい来ませんでしたが、それなら、ReactOS ならどうでしょう。やってみます。(いや、DOSBox-X で遅かったんだから、こっちでも駄目なのはわかっていることです)

 ReactOS は LiveCD もありますが、仮想ディスクにインストールすることにします。最新版の bootCD からインストールしてみましたが、日本語表示がうまく行かなかったので、非公式日本語版(リンク切れ) を入れてみました。

仮想ディスクの準備

 qemu を使います。仮想ディスクに、512 MB 割り当てます。使えるようなら 4 GB にするつもりです。

$ qemu-img create -f raw ReactOS_HDD.img 512M

 raw 形式にしたのは、あとで loopback デバイスを使ってマウントしたいからです。

ReactOS を起動してインストール

$ qemu-system-i386 -cdrom reactos_0_4_14_dev_jp_hybrid.iso -drive file=ReactOS_HDD.img,format=raw -boot once=d

  • 言語は Japanese を選択して、Enter。
  • 説明を読んで、インストールするので Enter。
  • 後はほぼ全部そのまま Enter で進める。

$ QEMU_AUDIO_DRV=alsa qemu-system-i386 -soundhw sb16 -cdrom reactos_0_4_14_dev_jp_hybrid.iso -drive file=ReactOS_HDD.img,format=raw -boot c

 一回目は BSOD になってしまいますが、そのままリセットすると起動しました。音は出ませんが「ひとかた」は一応動きました。音が出ない、サウンドがないので ReactOS も終わり。

Raspberry Pi

Posted by sirius