Amazon タブレット Fire HD10PLUS

 Amazon から荷物が届きました。

Fire HD10PLUS

 Amazonn のタブレット一式です。購入したのは以下です。

Fire HD10PLUS

 Fire HD10 は既に 2 台持っているのですが、今回は、キーボード付きカバーが発売されたことと、メモリが 4GB になったので購入しました。

キーボード付きカバー

 早速、保護シートを貼ってキーボードと合体させます。

キーボードと合体

 キーボード自体に重量があり、安定感があります。キーボードを閉じると、タブレットもスリープになり、開くと液晶が付きます。さすがに Amazon 認定です。タブレットケースとキーボードは磁石でくっつきます。強力な磁石を使っているようでしっかりとくっつきます。

 一つ心配していたのが、一緒に購入したワイヤレス充電スタンドとキーボード付きカバーの相性です。キーボードカバーを付けたままでワイヤレス充電できるかどうかが心配でした。嬉しいことに杞憂に終わったようです。キーボードカバーを付けたままでも充電できました。横置きでスタンドに置くと、ちゃんと SHOW モードにもなりました。また、キーボード自体は Bluetooth で接続するので合体していなくても使えます。Fire HD10 をスタンドで充電しながら、キーボードが使えます。

 よく、Fire タブレットに Google Play をインストールしている記事を見ますが、私はインストールしていません。Android タブレットは他に持っているので、必要性を感じません。Amazon タブレットは Amazon のコンテンツを利用するために持っています。そう割り切って使うと満足度が高いです。

とりあえず、最初にやっておく設定

ロック画面

 はじめに、ロック画面にAmazon の広告が出てうるさいので広告を出さないようにします。

 設定 -> アプリと通知 -> Amazonアプリの設定 -> 広告 -> ロック画面の広告 -> OFF と操作します。

開発者オプション

 これは別に設定する必要性は無いんですが、全部のタブレットでやっているのでやります。

 設定 -> 端末オプション -> Fire タブレットのバージョン情報 -> シリアル番号を連続タップ

 さて、今日はここまでにします。あとは、せっかくキーボードが使えるので、ssh クライアントを入れてみます。

続きの記事(2021.06.11 追記)

SSH クライアント

Fire Tablet

Posted by sirius