Fire タブに Kodi をインストールする

 前回の記事で、ConnectBot を Fire HD10PLUS にインストールしました。

前回の記事

 今回は、メディアプレーヤの Kodi をインストールします。LAN 内の NAS に入れた動画などを楽しむことができるようになります。

※ Amazon のアプリストア以外のアプリをインストールした場合、サポートを受けられなくなる可能性があります。自己責任でお願いします。

 Kodi もほぼ ConnectBot と同様にインストールできました。(記事中の画像は Raspberry Pi のスクリーンショットですが手順に相違はありません)

Kodi のダウンロード

 Kodi のサイト を開きます。上部メニューの Download をタップします。

メニュー

 Android をタップします。

プラットフォームの選択

 Fire HD10PLUS では、一番右側の ARMV8A(64BIT) をダウンロードするのですが、タップしてもダウンロードできません。そこで、ARMV8A(64BIT) を押したままにすると、メニューが出てくるので「リンクアドレスをコピー」を選びます。

ARMV8A(64BIT)

 silk で新しいタブを開き、アドレスに先ほどコピーしたアドレスをペーストします。アドレスの末尾にある「?https=1」を削除して Enter キーを押せばダウンロードできます。

インストール

 ConnectBot と同様にダウンロードした apk を開き、インストールできました。

Kodi の設定で言語を日本語にする

 Kodi で日本語を使う場合、設定で言語を選択する前に、フォントを Arial に変えないと日本語が表示されません。

 Kodi の設定をタップします。

設定を開く

 インターフェースをタップします。

インターフェースを開く

 スキンのフォントをタップします。

Fonts をタップ

 Arial ベースをタップします。

Arial based をタップ

 Regional の Language をタップします。

Language をタップ

 Japanese を選択します。

Japaness を選択

 これで日本語表示になります。

日本語表示

NAS (Windows 共有) の追加

 以前は、ワークグループから追加できましたが、最近は、smb:// からホストを指定しないと追加できなくなりました。また、Windows10 の共有は、また別な方法が必要です。

 ムービー(ビデオ)の追加で説明します。

 最初の画面でムービーをタップします。

ムービーをタップ

  ビデオを追加をタップします。

ビデオを追加

 参照をタップします。

参照

 Windows ネットワーク(SMB) をタップします。

Windowsネットワーク(SMB)

 以前はここでワークグループが表示され、そこから NAS を選択できました。現在、自分の環境では表示されませんが、手動で追加することができます。そのまま、OK をタップします。

OK

 smb:// をタップします。

smb://

 ホッスト名と共有名を入力して、OK をタップします。ホスト名でつながらない場合は、ホスト名の代わりに IP アドレスにして下さい。

共有を入力して OK

 必要であればメディアソース名を変更し OK をタップします。

OK をタップ

 メディアは検索しなくても再生できます。そのまま OK をタップします。

そのまま OK

 これで NAS が追加されました。

完了

 これで NAS 上のメディアを再生できます。なお、Windows10 の共有では、以前は繋がりましたが、今はつなげる方法をまだ見つけていません。

Fire Tablet

Posted by sirius