GPiCASE を使う

 Raspberry Pi Zero WH が遊んでいるので、GPiCASE を購入しました。

外箱

 角が潰れていました。大丈夫かな〜。

本体とカートリッジ

 Raspberry Pi Zero WH は、以前 RetroPie をインストールして動くようにしてあります。Wifi もつながって、ssh で外から操作も出来るようにしてあります。

 早速、組み込もうとしましたが、WH なので GPIO ピンがはんだ付けされていて、組み込めませんでした。ピンなしを購入しようと思いましたが、元の値段の 4 倍くらいで売られていて、まともな値段で売っていた重瀬はほぼ在庫なしでした。

ピンヘッダを取った Raspberry Pi Zero WH

 仕方がないので、ピンを取り去りました。ハンダが残ってちょっと汚いです。

カートリッジに内蔵
ネジ止め

 早速組み込んで、電源を入れました。ドライバが入っていないので、画面もつかないし、音も出ません。しかし、Wifi はつながっているので、ssh が使えます。ssh で作業しました。

カートリッジをセット

上部のスイッチでシャットダウンさせる

 github からダウンロードしてスクリプトを実行します。

$ git clone https://github.com/RetroFlag/retroflag-picase
$ cd retroflag-picase
$ sudo ./install_gpi.sh

画面と音の設定

 こちらも github からダウンロードして実行しますが、ちょっと作業が必要です。

$ cd /boot
$ sudo git clone https://github.com/kristijandraca/GPi_Case_patch
$ cd GPi_Case_patch
$ sudo mv GPi_Case_patch/* .
$ sudo mv orginal_files original_files
$ sudo ./install_patch.sh

起動

 画面が出ました。ところがキー操作が全くできません。

 ssh で再度接続し、retropi_setup.sh から、emulatonstation のキー設定をクリアしました。

 再起動すると、はじめにキー設定が出るので、設定していきました。

 キーも使えるようになったので、ゲームを動かしてみると、音が非常に悪いです。また、音に処理が食われるのかもっさりします。snes のゲームでもそうです。

 試しに、RetroPie をアップデートしてみました。OS もアップデートしました。そうしたら、画面が出なくなりました。改めて dpi24.dtbo を /boot/overlays にコピーしたら、画面が表示されるようになりました。

 ところが今度は音が全くでなくなりました。

 ・・・駄目やん。

Recalbox を使ってみる

 Recalbox は、はじめから GPiCASE に対応しているようなので、イメージを MicroSD に書き込んで起動してみました。イメージは、Recalbox 7.2.2-Reloaded の Raspberry Pi Zero/1 用です。

 かなり時間がかかりましたが、インストールできたようです。起動してきたら、BGM が流れています。メニュー画面でも音がなるようです。そして、ちゃんとした音が出ています。

 設定から日本語に変え、ネートワークの設定で Wifi に繋ぎました。smb の共有が自動的に作成されているようで、Windows のネットワークからアクセスできました。ゲームデータや bios データのコピーが簡単にできます。

 snes や MSX2 などのゲームはスムースに動くようです。pc98 や Playstation はちょっともたつきます。

 Recalbox の設定でメニューを日本語にすると、RetroAch のメニューで日本語が歯抜けになります。メニューを xmb に設定する方法が見つかりません。英語に戻しました。

時間がずれている

 timezone が日本になりません。Recalbox のフォーラムにありました。

# mount -o remount,rw /
# unlink /etc/localtime
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asis/Tokyo

 これで時刻が日本になりました。

RetroPie に再度挑戦

 RetroPie のイメージから再度作り直してみました。イメージは、retropie-buster-4.7.1-rpi1_zero.img.gz です。

 イメージを書き込んだ MicroSD の boot 領域に次のファイルを作成します。

  • 空の ssh ファイル
    ssh デーモンを動かすため
  • wpa_supplicant.conf ファイル
    Wifi につなげるため

また、boot にドライバ類をインストールしておきます。

$ cd /media/pi/boot
$ sudo git clone https://github.com/kristijandraca/GPi_Case_patch
$ cd GPi_Case_patch
$ sudo mv GPi_Case_patch/* .
$ sudo mv orginal_files original_files/
$ sudo ./install_patch.sh

 また、シャットダウン用のファイルも pi のディレクトリに作っておきます。

$ cd /media/pi/retropi/home/pi
$ sudo git clone https://github.com/RetroFlag/retroflag-picase

 MicroSD を取り外し、GPiCASE に内蔵させ、電源を入れます。かなり時間が経ってから、起動しました。

 起動したら ssh をつないで設定していきます。

$ cd retroflag-picase
$ sudo ./install_gpi.sh

後は普通に RetroPie を設定していきます。ssh でつないで、retropie_setup.sh で設定するほうが楽だと思います。

$ cd RetroPie-Setup
$ sudo retropie_setup.sh

 動くようになったので、ゲームを動かしてみました。今度は正常に音が出ました。ただ、RetroPie のデフォルトの音量が低かったので、90 まで上げたところ、Recalbox と同じくらいの音量になりました。

 RetroPie でも GPiCASE が使えました。Recalbox に比べ、起動が遅いとかがありますが、RetroPie に慣れているので、RetropPie を使うことにしました。

 文字表示が見づらかったので、次の作業をしました。

xmb の文字が小さい

 RetroAch の xmb メニューの文字が小さすぎるので、設定 -> ユーザインタフェース -> 外観 -> メニュー配置 を Handheld に変えました。

ゲームリストの文字が小さい

 設定項目が見つからなかったので、設定ファイルを書き換えました。

 /etc/emulationstation/themes/carbon/carbon.xml の fontSize を 0.03 から 0.04 に変更

・
・
<fontSize>0.030</fontSize>  --->     <fontSize>0.040</fontSize>
・
・
<fontSize>0.03</fontSize>  --->     <fontSize>0.04</fontSize>
・
・

 まあまあかな? 使いみちのなかった Raspberry Pi Zero W が使えるようになりました。ただし、アップデートはもうしません。

 GPiMate for CM3+lite とか GPiMate Plus for CM4 Liteもあるようです。Raspberry Pi Compute Module 4 が使えれば、PC98 や Playstation もスムーズに動かせるでしょうね。私は買いませんけど(多分)。

 RETRO GAME RESTORE

 しばらく、この GPiCASE で遊んでみます。

GPiCASE

Posted by sirius