GPiCASE で Kanon は動かない

 Akane と ONScripter は動きましたが、Xkanon と Rlvm はどうでしょう。

 Xkanon は gtk が必要なので X-Window 必須だと思iいます。Raspberry Pi Zero W で X-Window を動かすにはちょっと無理があると思います。

 試してみました。Raspberry Pi 4B でコンパイルした xayusys-gtk2 をコピーしました。ゲームデータは。Sense off のデモを使いました。

 実行に必要なkライブラリのインストール

$ sudo apt-get install -y libgtk2.0-0 rlvm
・
・

 動かしてみました。しかし、動きません。ログを見ます。

$ cat /dev/shm/runcommand.log 
Parameters: 
Executing: pushd /home/pi/RetroPie/roms/ports/Xkanon/Sence\ Off\ Demo; sudo /usr/local/bin/xayusys_gtk2 --path .; popd
~/RetroPie/roms/ports/Xkanon/Sence Off Demo ~
Error handling option: Cannot open display: 
~

 そうです。display がないので動きません。フレームバッファに描画してほしいのですがどうすればいいのでしょう。

 調べてみると、フレームバッファを利用する gdk があるようです。しかし、どの様にインストールすればいいのかわかりませんでした。DIrectFB というものがあるようですが、既にインストールされています。XDirectFB は、X11 よりフットプリントが小さいようですが、ソースが見つかりません。

 いっそのこと、最低限の X サーバを動かして見ようと思います。

$ sudo apt-get install -y xserver-xorg
・
・
$ sudo vi /usr/share/X11/xorg.conf.d/99-fbturbo.conf
identifier      "GPiCASE FBDEV"
        Driver          "fbdev"
        Option          "fbdev" "/dev/fb0"
EndSection

 Xorg を動かして、ウィンドウを表示することに成功しましたが、rlvm は全画面表示しようとすると、縮小に対応していないので、320 x 240 ではエラーになります。さらに、Xkanon は、GDK でパッドの処理方法がわからないで先に進みません。残念。

 使わないパッケージを削除します。

$ sudo apt-get remove -y libgtk2.0-0 rlvm xserver-xorg
・
・
$ sudo apt-get autoremove -y
・
・

 結局、Xkanon も Rlvm も動きませんでした。

GPiCASE

Posted by sirius