qemu をコンパイルする。

64 bit がだめだったので、wine を動かすために、qemu をコンパイルすることにします。

github から qemu を clone してビルドする

$ git clone git://git.qemu-project.org/qemu.git
$ cd qemu
$ ./configure –static –target-list="i386-linux-user x86_64-linux-user " –enable-linux-user –disable-system
$ make

 build の下に qemu-i386 とqemu-x86_64 が出来上がります。これを /usr/bin/qemu-i386-static、/usr/bin/qemu-x86_64-static と入れ替えます。

 そのままでは上書きできなかったので、

$ sudo mv /usr/bin/qemu-i386-static /usr/bin/qemu-i386-static-
$ sudo mv /usr/bin/qemu-x86_64-static /usr/bin/qemu-x86_64-static-
$ sudo cp qemu-i386 /usr/bin/qemu-i386-static
$ sudo cp とqemu-x86_64 /usr/bin/qemu-x86_64-static

として再起動、再起動後に

$ sudo rm /usr/bin/{qemu-i386-static-,qemu-x86_64-static-}

で削除しました。

wine を動かしていく

以前途中まで設定した /x86 を使います。

$ sudo cp /usr/bin/qemu-i386-static /x86/usr/bin/.
$ sudo mount -t sysfs sys /x86/sys/
$ sudo mount -t proc proc /x86/proc/
$ sudo mount –bind /dev /x86/dev/
$ sudo mount –bind /dev/pts /x86/dev/pts/
$ sudo mount –bind /dev/shm /x86/dev/shm/
$ sudo chroot /x86/ /bin/su -l pi

 日本語がまともに表示されないので、winetricks を使ってフォントをダウンロードします。ただし、wget でサーバ証明書を検証しない設定にする必要があります。.wgetrc で設定してください。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks
$ chmod +x winetricks
$ ./winetricks cjkfonts

qemu: uncaught target signal 11 (Segmentation fault) – core dumped
が大量に出ますが、がじっと待ちます。終わったら、

$ winecfg

で文字化けしていないことを確認しました。

 これで、wincfg や winefile を動かすことができました。つぎに、NScripter の「ひとかた」を動かしてみます。

$ wine hitokata.exe
wine: アドレスが正しくありません。
$ exit
$ sudo umount /x86/sys/
$ sudo umount /x86/proc/
$sudo umount /x86/dev/pts/
$ sudo umount /x86/dev/shm/
$ sudo umount /x86/dev/

 コンパイルした x86_64 を使って wine32 をインストールして動かしてみましたが、同じでした。フォーマットエラーは出なくなりましたが、アドレスのエラーは 32 bit と同じく出ました。

 Windows 98 のメモ帳を取り出して実行してみたら、こちらは問題なく動きます。フォントの変更も問題ありません。

 音は出ないようだし、動かないものが多いですが、選択肢の一つとして残して置くことにしました。

wine

Posted by sirius