サーバ用Raspberry Pi の設定2

サーバ用 Raspberry Pi 初回起動です。

 イメージを書き込んだ micro SD をセットした Raspberry Pi とモニタをつなぎ、Raspberry Pi の電源を入れます。
 最初の起動では、wifi がつながらないので、操作用のマシンと有線 LAN で直接つなげます。
 操作側のマシンと、Raspberry Pi 同士がリンクローカルアドレスでつながるので、少し待ってから ping で ip アドレスを確認します。

$ ping raspberrypi.local

 しばらく待つと応答が帰ってきます。

PING raspberrypi.local (169.254.84.214) 56(84) bytes of data.
64 bytes from raspberrypi.local (169.254.84.214): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.382 ms
64 bytes from raspberrypi.local (169.254.84.214): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.373 ms
64 bytes from raspberrypi.local (169.254.84.214): icmp_seq=3 ttl=64 time=0.385 ms

 この IP アドレスで ssh 接続できます。

$ ssh 169.254.84.214
pi@169.254.84.214’s password:

 パスワードは raspberry です。
 ログインできたら最初の設定をします。

$ sudo raspi-config

 この画面から次の設定をします。
1 System Options
-> S3 Password
 pi ユーザのパスワードを変更しておきます。変更したパスワードは忘れないようにしてください。
-> S4 Hostname
 Raspberry Pi のホスト名を変更します。

 前のメニューに戻って、
5 Localisation Options
-> L1 Locale
 日本語ロケールの ja_JP.UTF-8 を追加します。
もともとある en_GB.UTF-8 とかは残しておいて、デフォルトのロケールを ja_JP.Utf8 にします。
-> L2 Timezone
 アジア -> 東京 を選びます。
-> L4 WLAN Country
 JP(japan) を選択。

 ここで抜けてシャットダウンします。

$ sudo poweroff

 シャットダウンしたら、有線 LAN は外して構いません。
 Raspberry Pi の電源を入れ直します。
 操作側で再度 ip アドレスを確認します。

$ ping ホスト名.local

 応答があれば、 ssh 接続可能なので接続してアップデートします。

$ ssh ホスト名.local
pi@ホスト名’s password:
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y upgrade

 よく使うパッケージを入れておきます。私は次を入れました。

$ sudo apt-get -y install lv phantomjs screen libssl-dev nkf w3m dnsutils mutt ruby perl

 これで初期設定が終わったので、これから以下の設定をしていきます。

・web サーバ(Apache)
・データベースサーバ(MariaDB)
・PHP を使えるようにする
・ネームサーバ(bind9)
・メールサーバ(postFix)
・サーバを二台で冗長構成する

 まあ、LAMP 環境の構築+αといったところです。
 Raspberry Pi じゃ遅いでしょ、という意見もあると思いますが、その時は、データベースを分離するとか、メールサーバを分離するとか、個人のサイトならなんとかなると思っています。
(個人のサイトなら冗長構成はいらないって思った人。正解!自分がやりたいからやるだけです。もっと言えばロードバランサも動かしたいって思っています。)

サーバ設定

Posted by sirius